All Rights Reserved, Copyright(C) 1998.5.9 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


蕁麻疹(じんましん)はアレルギーなのだろうか?


 慢性蕁麻疹(4週間以上続く蕁麻疹)で悩んでいる多くの患者は,漠然とその原因が アレルギーであると思いこんでいることが多いようです。しかし,現代医学では慢性蕁 麻疹の主たる原因をアレルギーとは考えていません。では,なぜ患者は慢性蕁麻疹の原 因をアレルギーと考えるようになってしまったのでしょうか?

 慢性蕁麻疹は,治療薬をのむと蕁麻疹はでなくなるが,治療薬を中止すると再発する というパターンを繰り返すことが多いです。肝臓などの内臓が悪いから蕁麻疹が出現す ると思い込んでいる人もよくいますが,慢性蕁麻疹の患者に血液検査をしても通常はた いした異常は見つかりません。少し考えてみればわかりますが,肝臓が悪くて蕁麻疹が でるのであれば,慢性肝炎や肝硬変のひとはひどい蕁麻疹に悩まされることになるわけ ですが,そのような話しはあまり聞きません。しかし,患者としては再発を繰り返すの だから何か原因があるにちがいないと考えます。そこで,医師に質問します。 ここで,アレルギーを専門としない医師が患者に対して

           あなたは アレルギー体質 なのです

と苦しまぎれに説明します。実にもっともらしい一言です。不思議なもので現代人はア レルギーという言葉を持ち出されると,簡単に納得してしまうようです。

 皮膚科専門医テキスト(南江堂)には,次のように書いてあります。「蕁麻疹の病型 は,アレルギー性,特発性,物理性,その他に分類される。急性蕁麻疹はアレルギー性 のものが多く,慢性蕁麻疹は特発性のものが多い。」 特発性とは,原因不明のことで す。つまり,慢性蕁麻疹の多くは,

        皮膚科専門医が診察しても,その原因はわからない

のが現実なのです。

        だったら蕁麻疹で皮膚科に受診する必要はないのでは?

という疑問が生じます。これはもっともな疑問です。しかし,蕁麻疹は普通の人が考え ている以上に奥が深いのです。皮膚科専門医に受診した方がよい理由を次に書いてみま す。

(1)そもそも蕁麻疹でない場合がある。多型紅斑,蕁麻疹様紅斑,接触性皮膚炎, 環状紅斑などが誤診される場合がある。
(2)頻度は低いが慢性蕁麻疹でも原因がみつかる場合がある。薬剤性の蕁麻疹の多く は急性蕁麻疹であるが,まれに慢性蕁麻疹となる場合がある。どの薬剤が蕁麻疹 をきたしやすいかは,普段より勉強しデータベース化しておかないと正確な判断 は困難である。
(3)まれではあるが,通常の治療(抗ヒスタミン薬,抗アレルギー薬)が全く無効な 場合がある。これは急性の場合も慢性の場合もある。


         通常の治療では治らない蕁麻疹

というのは,皮膚科専門医にとっても悩みの種のひとつです。皮膚疾患最新の治療(南 江堂)より,他の治療法を列記してみます。

   ・タガメットなどのH2ブロッカー内服
   ・ステロイド内服
   ・精神安定剤内服
   ・抗生物質内服
   ・強力ミノファーゲンC,ヒスタグロビンなどの注射
   ・心理療法
   ・減感作療法

 蕁麻疹に対して,抗ヒスタミン薬,抗アレルギー薬が無効な場合,内科医,外科医, 安易な皮膚科医が,しばしば選択する治療法は

     セレスタミンを内服させる

です。セレスタミンには,ベタメタゾン(ステロイド薬)が 0.25 mg含まれています。 これは,よくステロイド剤として使用されるリンデロン錠(0.5mg)の半量です。セレ スタミンを2〜3錠以上内服させると,多くの場合,血中コルチゾールが低下してきま す。これは副腎皮質(ホルモンを分泌する重要な臓器)の機能が抑制されていることを 意味します。ステロイドの主要な副作用としては,消化性潰瘍,糖代謝異常(糖尿病) ,骨粗しょう症,感染症誘発,白内障などがあります。

 セレスタミンという薬剤名をよく覚えておいてほしいと思います。セレスタミンをど のように使用するかで,医師の力量が推測できるのです。ひどい医者になると,セレス タミンを安全な薬と称して投与している場合があるので注意が必要です。ただし,ステ ロイドは一方的な悪者ではありません。ステロイド剤が必要な時はどんどん使用した方 がよいのです。それが医師の裁量権というものです。しかし,必要のない時,他に適当 な治療法がある時は,ステロイドを使用しないのが原則なのです。

    プレドニン(ステロド)を4錠内服させても蕁麻疹がなおりません。
    どうしたらよいでしょうか?

これは実際にあった話しです。蕁麻疹の治療は皮膚科以外でもよく行われています。そ して治療がうまくいかなかった時,皮膚科に紹介されるのです。ステロイドを投与する と難治性の蕁麻疹は必ず治るというほど蕁麻疹は単純な病気ではないのです。

   実は,皮膚科専門医でも難治性の蕁麻疹にセレスタミンを投与しているケースは結構 多いようです。総合病院の皮膚科に勤務していると,開業医で治療をうけたが蕁麻疹が 治らない,ということで受診される患者さんを診察する機会が時々あります。そして, 開業医で投与されている薬を調べてみると,多くの場合セレスタミンが投与されている のです。

では,ステロイドが無効な場合,どのような治療をしたらよいのでしょうか?

ステロイドを増量するのも1つのやり方です。しかし,これは邪道です。効きそうな治 療法をかたっぱしから試してみる,というやり方もあります。私も昔はこのやり方をよ くやりました。しかし,なかなかうまくいかないのが現実なのです。

では,最近の私が難治性の蕁麻疹にどのような治療をおこなっているかといえば,

    中国四千年の歴史に期待する

というのは,半分冗談ですが,実は漢方薬を使用するのです。

    ステロイドの効かない蕁麻疹に漢方などが効くものか!?

と大多数の医師が思っているのが今日の日本の医学界の現実のようです。しかし,現実 に効くのです。しかも,短時間で(はやい場合は1〜3日で)効くのです。もちろん, すべての難治性蕁麻疹が漢方で治るわけではありません。問診を繰り返して,漢方の方 剤を少しずつ変更していかなければ,よい結果を得られないこともしばしばです。しか し,漫然とセレスタミンを投与し続けたり,ステロイドの点滴を繰り返したりする治療 法よりは,はるかに優れた治療法と言えると思われます。
 ただし,漢方なら,なんでもよいわけではありません。その人の状態にあわせて方剤 を決める必要があります。蕁麻疹だからこの漢方とワンパターンに投与していては,あ まり効きません。従って

   漢方が効くかどうかは,医者のうでひとつ

と言えます。漢方についての私の考え方は別のページで述べてみたいと思います。



[BACK]