All Rights Reserved, Copyright(C) 1998.5.9 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


毒をもって毒を制する,ステロイドの不思議さ


 ステロイドの副作用がマスコミにより喧伝されてから,必要以上にステロイドに恐怖 心を持つ人がふえてきました。ただし,ステロイドの内服(のみぐすり)なのか外用( ぬりぐすり)なのか,どれくらいの量をどれくらいの期間使ったのかを限定せずに議論 するために,意味のある議論となっていないことがしばしばです。

 強いステロイドでも,治療上必要であれば積極的に使用した方が,患者のためになる ことが多いように思われます。ただし,その場合は,そのステロイドは強いことを説明 し,長期間の使用はさけるべきであることを明言しておく必要があります。強いステロ イドを使用してもあまり改善しない場合は,だらだらとその治療を続けるべきではなく ,さらなる原因の検討,生活習慣の改善,環境(住居など)の改善,漢方による体質改 善など治療上の工夫が必要となってきます。

 セレスタミンというのみぐすりがあります。この薬は不用意なほどよく使用されてい ます。何故なら,この薬はステロイドを含んでいるため湿疹などによく効くからです。 セレスタミンは1日3錠を長期間(数か月)内服すると,血中コーチゾールが低下して きます。これは副腎の機能が抑制されていることを意味し,由々しき事態と言えます。 セレスタミンも短期間の処方ならなんら問題はありません。長期間投与する場合でも, その副作用を覚悟し,この薬は強い薬であり副作用の問題があることを患者に説明した うえで使用するのであれば問題はありません。それは医師の裁量権というものです。し かし,現実には,そのような説明,自覚なしに,漫然と投与されていることが多いよう に思われます。実際にあった話しですが,ステロイドは絶対に使用したくないという患 者さんで,今まで使用してきた薬を調べてみると,確かにぬり薬にはステロイドは1つ もありませんでしたが,のみ薬にセレスタミンが含まれていたという,笑うに笑えない 話しがありました。

 さて,ここからが今回の本題です。顔面にステロイドをぬり続けていると,さらに赤 くなったり,ぷつぷつと赤い丘疹が生じたり,にきびのような皮疹が生じたり,灼熱 感をともなったりしてくることがあります。これはステロイドのぬり薬の副作用であり ,酒さ様皮膚炎と医学的には呼びます。このような状態におちいると,なかなか治りに くいのですが,おもしろいことに,ステロイドをのみ薬として投与すると,その症状が 改善されることが経験的にわかっています。


   ステロイドの副作用をステロイドで治療する!

わけであり,医療関係者も含めて多くの人は意外と感じると思います。しかし,これは 厳然たる事実であり,成書(皮膚疾患最新の治療93ー94)などにも,その記述がみ られます。ステロイドののみ薬は,ステロイドのぬり薬を単に強くしたものと漠然に考 えている医師が現実には多いように思われますが,そのような思考パターンでは,この ようなユニークな発想は生まれてきません。似たような事例は,アトピー性皮膚炎の治 療でも報告されています。アトピー性皮膚炎の脱ステロイドもマスコミにより喧伝され ていますが,その脱ステロイドの過程においてステロイドをのみ薬として使用する方法 が本などで紹介されています(アトピー性皮膚炎の治療,ライフサイエンスメディカ)。


   ウィルスの病気にはステロイドを使用してはならない

と医学生は教えられます。ステロイドは免疫機能を抑制するため,ウィルスの病気には 使用してはならないわけです。学生の知識としては,まあそれでよいわけですが,専門 家としての知識としては甚だ不完全です。明らかに,ステロイドが有効なウィルスの病 気が存在するのです。皮膚科の病気では,帯状疱疹の治療にステロイドの内服が有効な ことがわかっています。


    なぜ,帯状疱疹にステロイドが有効なのだろうか?

という素朴な疑問があるわけですが,私はこれまでに,この理由を明快に説明した文書 をみたことがありませんし(単なる私の不勉強かもしれませんが・・・),また質問し ても納得のいく説明をしてくれた先生もいませんでした。

 そこで,私なりに推測してみました。帯状疱疹が発病すると,強い痛みが生じます。 この痛みが,どのようなメカニズムで生じるのか,という点から考えてみる必要があり ます。痛みが生じるということは,神経がなんらかの傷害をうけていることを意味しま す。では,何が神経を傷害しているのか,ということになりますが,ウィルスが直接神 経を傷害しているのではなく,神経上に表出されたウィルス抗原を目標にリンパ球が神 経を傷害していると推察されます。ウィルス抗原が表出された時点で,その神経は生体 側に異物と認識されてしまい,リンパ球(免疫細胞)に攻撃されてしまうわけなのです 。免疫細胞は,常に体内を巡回して本来自己が有しない抗原(たとえばウィルス抗原) をみつけるとその抗原を発現している組織(神経など)を攻撃するという特性がありま す。ステロイドは,リンパ球の機能を抑制します。従って,ステロイドが投与されてい ると,神経にウィルス抗原が表出されていても,リンパ球の機能が抑制されているため ,神経の傷害の程度は低くなります。また,神経上のウィルス抗原の表出は短期間(数 日)であるため,ステロイドの投与も短期間行えば十分となります。以上は私の仮説で あり,科学的に証明されているわけではありません。しかし,このように考えると,ス テロイドが帯状疱疹に効く理由が,すっきり理解できるように思われます。




[BACK]