All Rights Reserved, Copyright(C) 2004.7 Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


非ステロイド外用薬は、本当に安全か?


 患者さんのなかには、ステロイド外用薬を忌み嫌っているのに対して、「アンダーム 軟膏、コンベック軟膏、スタデルム軟膏などの非ステロイド(消炎)外用薬は全く安全だ」 と信じきっている人が時々みえます。また、医師のなかにも非ステロイド外用薬を必要以上 に多用する傾向の人がいます。私の印象では、小児科医は皮膚科医に比べて非ステロイド外 用薬を多用する傾向があります。

 アレルギーに詳しい医師は、非ステロイド外用薬の問題点を理解したうえで、この 外用薬を必要に応じて使用しています。一方、ステロイドでない安全な薬として、 非ステロイド外用薬を乱用する医師がいるのも現実です。今回は、この問題について 考えてみたいと思います。

2004年皮膚科学会総会の演題のなかに

  「非ステロイド外用薬はアトピー皮膚炎を増加させる?」(演者 塩原哲夫教授、杏林大学)

という興味ある演題がありました。

一般の人向けに、一部加筆修正して要約してみました。

 
 (1)非ステロイド外用薬は、急性の接触性皮膚炎をおこす危険がある。 発疹は、外用部位に一致して生じる。

 (2)非ステロイド外用薬は、特異な全身性の接触性皮膚炎をおこす危険がある。
    この場合は、外用部位以外にも発疹が生じる。そのため、皮膚炎の原因が非ステロイド外用薬であることに気付きにくい。
    また、長期使用中に発症することも、原因究明を難しくしている。

 (3)小児期より、非ステロイド外用薬をぬり続けると、自然免疫反応の発達を阻害し、アレルギーの病態を憎悪させる危険がある。



 演者は最後に、非ステロイド外用薬とステロイド外用薬を混合して長期使用する ことは特に問題が多いと指摘しています。これには、私も全く同感です。 症状が強ければ、ステロイド外用薬を単独で使用すればよく、軽度であれば非ステロイド外用薬 を単独で使用すればよいのです。混合して使用するという中途半端な治療はすべきではありません。 「非ステロイド外用薬は安全だ。」という間違った認識のもとで治療が行われると、ステロイド外用薬 とともに非ステロイド外用薬が不必要に長期にわたって使用されてしまうという問題が生じます。

 「ステロイド外用薬は危険だが、非ステロイド外用薬は安全である。」という 考え方は、「天然のものは安全だが、人工のものは危険である。」という考え方 によく似ています。これらは、根拠のない擬似科学的な論理です。物事には、 常に長所と短所の両面があることを決して忘れてはなりません。何が正しいのかを 見極めるには、地道に時間をかけて検証していくしかないのです。



[BACK]