All Rights Reserved, Copyright(C) 2020.05 by Yasusi Suzumura


水イボのイソジン療法は、なぜ有効なのか?


 今回は、水イボのイソジン療法の有効性について考えてみたいと思います。 私は有効だと思っていますが、この有効性については、皮膚科医のなかでも、意見が分かれています。 患者さんは、イソジン液(ポビドンヨード外用液10%)には抗ウィルス作用がありますので、有効と考える人が多いようです。 私はこの考えには、否定的です。イソジン液の抗ウィルス作用が有効なのは、皮膚の表面に付着したウィルスに対してのみだと考えられます。 皮膚の内部にまで、その作用が及ぶとは、考えられません。 しかし、実際にイソジン療法を行ってみますと、実感として治癒までの期間が短縮される場合が多いのです。

 イソジン刺激療法、接触免疫療法とする考え方もあります。

以下略




続きは、皮膚病データベース ユニバーサル版 でご覧ください。

アプリをインストールして起動後、【ヘルプ】ボタンをクリック → 【解説一覧】ボタンをクリック
あるいは、「水イボ 解説」と入力して、【検索】ボタンをクリック にて全文を読むことができます。