All Rights Reserved, Copyright(C) 2020.05 by Yasusi Suzumura


漢方薬の副作用:頻尿と尿閉


 漢方薬の副作用としては、軽微なものとしては下痢などの胃腸障害、重大なものとしては、間質性肺炎、肝機能障害などがあります。 あまり知られていない副作用に、頻尿と尿閉があります。 頻尿の方は、内服してから数か月後〜数年後に生じる場合もあります。 副作用と考えず、泌尿器科で頻尿としての治療を受けてしまう場合があり、特に注意が必要です。


   頻尿:朝より就寝までの間に8回以上排尿

   尿閉:排尿障害、膀胱から尿道にかけて通過障害があり排尿できない状態   



以下略




続きは、皮膚病データベース ユニバーサル版 でご覧ください。

アプリをインストールして起動後、【ヘルプ】ボタンをクリック → 【解説一覧】ボタンをクリック
あるいは、「漢方 解説 頻尿」と入力して、【検索】ボタンをクリック にて全文を読むことができます。