All Rights Reserved, Copyright(C) 2020.07 by Yasusi Suzumura


重症アトピー性皮膚炎の治療:コスパ比較(症例写真あり)
                  ――漢方薬 vs. デュピクセント――

 2001年〜2017年頃は、重症のアトピー性皮膚炎に対しても、ステロイド外用薬による標準治療が推奨されていました。 標準治療では、部位ごとに使用するステロイド外用薬の量が設定されます。 全身の場合、部位ごとの使用量を単純に加算しますと、約20gとなります。 1日1回外用するのであれば、2週間で280g、1日2回外用するのであれば、2週間で560gとなります。 ランクVeryStrongのステロイド外用薬の場合、3か月以上使用すれば、副腎皮質の機能が抑制される使用量です。 ステロイドの減量がうまくいかなければ、皮膚の萎縮が生じます。皮膚の萎縮は、長期的予後を悪くします。

 標準治療を行っても、すべての重症アトピー性皮膚炎の患者さんが、良好にコントロールされた訳ではありませんでした。 コントロール不良の患者さんに対しては、「ステロイド外用薬のぬり方が不十分である。もっと、しっかりぬるように。」という指導がなされました。 私は、この指導には疑問を感じていました。重症例の標準治療には、限界があると考えていました。


以下略




続きは、皮膚病データベース ユニバーサル版 でご覧ください。

アプリをインストールして起動後、【ヘルプ】ボタンをクリック → 【解説一覧】ボタンをクリック
あるいは、「重症アトピー 解説」と入力して、【検索】ボタンをクリック にて全文を読むことができます。