All Rights Reserved, Copyright(C) 1998.5.9 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


パッチテストをする医師は名医ですか?


 パッチテストは,接触性皮膚炎の原因を同定するのに重要な検査ですが,どのような 接触性皮膚炎に対しても有効な検査というわけではありません。

 たとえば,化粧品でかぶれた場合


  パッチテストで必ず原因を同定できるわけではありません!!


接触性皮膚炎は,刺激性皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とに二分されます。刺激性 皮膚炎のところを,皮膚科専門医テキスト(南江堂)より引用してみます

  化粧品皮膚炎
  一次刺激性皮膚炎,接触した製品の刺激が皮膚の抵抗閾値をこえた場合に,条
  件さえ整えばだれにでも発症する。物質の皮膚刺激性が強く,ただ1回の接触
  で発症する急性毒性皮膚炎,くり返し同じ部位に接触し,ついには皮膚の抵抗
  閾値をこえて発症する慢性刺激性皮膚炎がある。
   ...中略...
  原因製品をパッチテストしても陽性反応はみられない。

化粧品を1回ぬって,ぬった部位が赤くなれば,誰でもその化粧品でかぶれたとわかり ます。しかし,化粧品を何度かぬった後に赤くなってきた場合は,その原因が化粧品だ とは,なかなか考えないものです。こういう時に,いいかげんな皮膚科医の診察をうけ たりすると,話しがややこしくなります。

  パッチテストで陰性だから,化粧品は原因ではない!?


などと説明するからです。この場合,パッチテストをすること自体は問題ありません。 正しい医療行為であり,アレルギー性接触性皮膚炎であれば,これにより原因を同定で きます。しかし,すでに述べたように,慢性型刺激性皮膚炎では原因製品をパッチテス トしても陰性なのです。

  原因確定のため検査を熱心にする医師は名医??


と日本人は考える人が多いように思われますが,検査の意味をよく理解せず,検査を行 う医師は,やぶ医者以上にたちが悪いと言えます。「パッチテストが陰性だからその化 粧品は原因ではない」と頭から信じこんでしまった人の誤解をとくのは多大な労力を必 要とします。
  
  パッチテストが陰性の接触性皮膚炎

が存在することを,外来での限られた診察時間の間に,患者さんに理解してもらうのは なかなか大変なのです。「何年ものんでいる薬でも,ある日突然薬疹をおこすことがあ る。」ということを患者さんに納得してもらうのが,なかなか大変であるというのに何 か似てますね。

 なお,少し補足しておきますと,教科書,論文などをみるかぎり,パッチテスト陰性 接触性皮膚炎をただちに慢性型刺激性皮膚炎とするわけではありません。では,何故ア レルギー性接触性皮膚炎なのにパッチテスト陰性なのか?という疑問がわいてきます。 これについては,いくつか仮説があるようですが,ここでは話しがややこしくなるので 割愛します。

 では,どうやって原因物質(化粧品など)をつきとめるか?ということですが,

  数日間,体(顔)の1部にその物質(化粧品)を塗り続けて反応をみる

という実に原始的な方法で確かめます。何かあほくさいやり方ですが,これが1番確実 なのです。パッチテストの方が,「もっともらしい検査」に見えますが,医学の場合は 占いなどと違って「もっともらしさ」ではなく「学問的に正しい」かどうかが重要なの です。

 なお主旨を誤解する人がいるといけないので,念のため補足しておきます。接触性皮 膚炎の場合,パッチテストをすること自体は何ら問題はなく,正しい医療行為と言えま す。ただし,「パッチテストが陰性であっても,その物質は原因物質ではない、と断定 することはできない」ということを説明したうえでおこなわなければならないというこ とです。

 前述の引用のなかで,「皮膚の抵抗閾値」という言葉がでてきました。これは重要な 概念ですので補足しておきます。刺激性皮膚炎はアレルギー性皮膚炎と異なり,だれに でも発症するのが原則です。しかし,実際には個人により皮膚の抵抗閾値が異なるため ,刺激性皮膚炎の症状のでかたには,若干の個人差が生じます。平たくいうと,皮膚の じょうぶな人は,かぶれにくいが,皮膚の弱い人はかぶれやすいといったところでしょ うか。同じ人でも,皮膚の部位により抵抗閾値は異なると考えられます。臨床的にみて ,顔の皮膚の抵抗閾値は,他の部位のそれより明らかに低いように思われます。

 また病気によっては,この皮膚の抵抗閾値が低下する場合があります。臨床的にみ て, 明らかに皮膚の抵抗閾値が低下していると思われるのは,アトピー性皮膚炎で 顔面に 皮疹が生じている場合です。この場合患者は,「何をぬっても顔が赤くなり, 塗り薬が あわない」と,しばしば訴えます。アトピー性皮膚炎の症状をすべてアレル ギー反応と考えがちですが,この場合はアレルギー反応ではなく,皮膚の抵抗閾値の低 下による刺激性皮膚炎のことが多いように思われます。刺激性皮膚炎の場合は,顔にぬ って赤くなったという塗り薬を,うでや足にぬっても,赤くなりません。また,その薬 で,パッチテストをしても陰性です。もちろん,アレルギー性接触性皮膚炎の場合もあ りうるわけで,その場合は,パッチテスト陽性であり,区別されます。



[BACK]