All Rights Reserved, Copyright(C) 2000 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)

 漢方治療3の経過写真
初診時の顔面の写真

他院で、抗アレルギー剤内服とステロイド外用薬で治療をうけていたが、うまくコントロールされていなかった。

このような状態で、顔面に漫然とステロイド外用薬をぬり続けることは、副作用の点で問題があります。

初診時の体幹部の写真

全体が赤くなっていて、紅皮症に近い状態。強いかゆみを伴っていた。 ステロイド外用薬を毎日ぬっていたが、ほとんど効果はなかった。



無理に脱ステロイドを行い悪化した時の写真

本人が無断で脱ステロイドを行ったため、著明に悪化した。

顔面の皮疹が長期間悪化した状態が続くと,白内障や網膜剥離などを併発する危険があります。 安易な脱ステロイドは、かえって重い副作用を招く危険があることを認識すべきです。

漢方薬を用いたソフトランディング(脱ステロイドというよりも減ステロイド)が望ましいと考えます。

漢方の煎じ薬を開始して約5か月後の顔面の写真

顔は、ステロイド外用薬は全く使用しなくても、かゆみはない状態となった。 保湿薬(白色ワセリンなど)も、ぬらなくても、かさつくことはなくなった。



同上の体幹部の写真

体は、ほとんどステロイドをぬらなくてもよい状態を保てるようになった。 かゆみが生じた時は、1〜2回ステロイドをぬるのみで改善し、ステロイドを連用することはなくなった。


[BACK] [HOME]