All Rights Reserved, Copyright(C) 2000.1.20 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


アトピー性皮膚炎の急性憎悪期の治療と慢性期の治療(写真あり)


 アトピー性皮膚炎は慢性の病気ですが,時として急速に悪化することがあります。 ほこりの多い所で作業して悪化したり,ペットなどの動物に接触して悪化したり, ストレス・睡眠不足が原因で悪化したりします。ヘルペスウィルス感染症の合併, 細菌感染の合併,真菌感染の合併などで悪化する場合もあります。このような急性 憎悪期には,慢性期の治療とは異なった観点での治療が必要な場合がよくあります。 元来,どのような病気でも,急性憎悪期(あるいは急性期)の治療と慢性期の治療 は区別して検討されるべきものなのです。しかし,何故かアトピー性皮膚炎では, これらをごちゃまぜにして議論されているケースが多いように思われます。私個人 は,アトピー性皮膚炎の慢性期の治療としては漢方薬が最もすぐれていると考えて いますが,急性憎悪期の治療としても漢方が第一選択とは考えていません。漢方よ りすぐれた治療法があれば,当然その治療法を選択します。急性憎悪期の治療では, まず目の前の患者の耐え難い苦痛をとり除くことが大切であり,そのためには少々 強い薬でも積極的に使用すべきと考えています。これに対して,慢性期の治療では, 薬の使用が長期にわたるため,薬の副作用を可能なかぎり少なくする工夫が大切と なってきます。


ここで急性憎悪期の症例を一つ紹介します。


初診時の顔面の写真(アトピー性皮膚炎の急性憎悪期)

20歳,女性。写真のように著明に悪化した状態で来院した。アトピー性皮膚 炎にカポジー水痘様発疹症(ヘルペスウィルス感染症)が合併した状態と診断 して治療を開始した。抗ウィルス薬の点滴,ステロイドの内服,亜鉛華軟膏貼 付療法を行った



初診時の顔面の写真(アトピー性皮膚炎の急性憎悪期)

顔面の皮疹が著明に悪化しているため,満足に外を歩くこともできなかった。



治療開始して10日目の顔面の写真

10日間強力に治療したところ,写真のように顔面の皮疹は劇的に改善した。



 この症例のように著明に悪化した場合は,まず皮疹を治し,患者の苦痛をとり除く ことが第一です。このような顔面では,外を歩くこともままなりません。この症例 では,ステロイドの内服(のみ薬)も使用しています。ステロイド内服というと, 強い副作用を心配される人もいますが,2週間程度の使用であれば,糖尿病などの 基礎疾患がないかぎり,副腎機能の抑制などの強い副作用が生じることはまずあり ません。またステロイドを徐々に減量すれば,リバウンドによりもとのひどい急性 憎悪期の状態にもどることもありません。ただし,ステロイドの内服を終了すると, 顔面は再びすこしずつ赤くかさかさした状態となってきます。これは急性憎悪する 前の最初の状態に戻ったわけで,慢性期の状態となったわけです。慢性期では,治 療方針を変更し,強い薬はできるだけへらし,副作用の少ない漢方薬を主体とした 治療に移行していくことになります。

 脱ステロイドを強行すると、リバウンドにより著明に悪化した状態が数か月間( 場合によっては数年間)続きます。顔面の皮疹が著明に悪化した状態を長びかせると, 白内障,網膜剥離などの目の合併症を併発する危険が高くなります。この症例のよ うにカポジー水痘様発疹症が合併すると,角膜ヘルペスの併発も高率に生じます。 脱ステロイドを主張する人たちは,何故かこの事実を語ろうとしません。無理に脱 ステロイドをした結果,その過程で網膜剥離が発症した場合,何故か彼らの論理で は,「ステロイドを使っていたから,網膜剥離になってしまった。」ということに なってしまいます。ステロイドは,網膜剥離の遠因ではありますが,直接の原因は 脱ステロイドと考える方が科学的です。どのような治療法でも短所と長所がありま す。短所をかくしておいて,長所だけをならべたてて,他の人にすすめるのはフェ アーなやり方とは言えません。

補足)アトピー性皮膚炎で,目のまわりにかゆみを伴う皮疹が生じた場合,無意識 のうちに目のまわりを,ひっかいたり,こすったり,たたいたりするといった物理 的刺激を長期間にわたって目に加えた結果,網膜剥離が発症するという説が有力で す。
参考文献1)日皮会誌 103(11),1429-1435,1993
     2)アレルギー 43(7),796-799,1994

 脱ステロイドによって,治る(あるいは軽快する)アトピー性皮膚炎が存在するこ とは事実と思われます。しかし,自分が脱ステロイドによって,アトピーがよくなっ たからといって,すべてのアトピー性皮膚炎が脱ステロイドによってよくなると決め つけるのは,論理の飛躍です。脱ステロイドを無理に行って,どうしようもなくひど くなってしまい,病院にかけこむことになってしまう人がいるのも事実です。脱ステ ロイドによってよくなるアトピー性皮膚炎もあれば,悪化してしまうアトピー性皮膚 炎もあるのが現実の姿です。そして,この両者を確実に識別できるうまい方法は今の ところないように思われます。できるだけ苦痛が少なく,できるだけ副作用が少ない 医療を患者に提供するのが,皮膚科医の使命です。現時点では,漢方薬を用いたソフト ランディング(脱ステロイドではなく減ステロイド,うまくいけば結果として脱ステ ロイド)が,最も優れた治療法であると,私は考えています。

補足)アトピー性皮膚炎は,徹底した生活習慣の改善(掃除方法の改善,防ダニ製品 の使用,合成洗剤の使用中止,入浴方法の改善,食事指導,保湿薬の励行など)によ り,軽快することは現実にあります。ただし,本人がよほどの決意を持って実行しな いと,長続きしません。これらの方法は,長期間にわたって根気よく続けないと意味 がありません。もともとずぼらな性格の人では,毎日こまめに掃除をしろ,といって もなかなか実行できません。無理に掃除を続けていると,今度はその行為自体が,本 人にとってストレスとなってきます。ストレスは確実にアトピー性皮膚炎を悪化させ ます。アトピー性皮膚炎の悪化因子は1つではありません。合成洗剤を中止して昔な がらのせっけんの使用を時々患者さんにすすめていますが,使いがってが悪いためか, なかなか長期間にわったて使用してもらえません。フローリングは,ほこりを減らす のには有効かもしれませんですが,施工時にホルマリン含有の接着剤を使用している と,微量に放出されるホルマリンがアトピーに悪影響を及ぼす危険があります。私自 身,寝室をフローリングに変えた時,咳痰がとまらなくなり,ひどいめにあいました。 気をつけて下さい。



[BACK]