All Rights Reserved, Copyright(C) 2000.10 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


漢方薬がよく効いた症例1(紅皮症、写真付)


 湿疹や尋常性乾癬などが、何らかの原因により著明に悪化し全身が真赤となった状態を、紅皮症と呼びます。 紅皮症の治療は大変難しく、ステロイドの内服(のみ薬)を継続して使用しないと、その病状をうまく コントロールすることができません。ただし、ステロイドの長期内服は、副作用の点で問題があります。 しかし、ステロイドの内服を使用せずに紅皮症を治療することは、西洋医学の立場では至難の技であり、その治療 には根気と忍耐が必要となります。一方、漢方薬を用いて紅皮症を治療することも実際には容易なことではなく、 漢方薬の選定にあたっては試行錯誤を必要とします。今回、漢方薬が非常によく効いた症例を経験しましたので、 御紹介したいと思います。

 
症例 70才 男性  紅皮症

 平成12年5月頃より、全身にかゆみを伴う皮疹が生じ徐々に増加してきた。総合病院の皮膚科で、抗アレルギー薬、 ステロイド外用薬(ランク Strongest)で治療を受けたが改善しなかった。検査では、内臓に異常を認めなかった。 平成12年7月、当院を受診した。初診時は、紅皮症の状態であり、強いかゆみを伴っていた。かゆみのため不眠が続いていた。 漢方薬3剤、抗アレルギー薬1剤、ステロイド外用薬(ランク VeryStrong、2.5倍に白色ワセリンで希釈)で治療を開始した。 初診時に1回のみステロイドの筋肉注射を行った。皮疹は徐々に改善した。特に体幹の皮疹は著明に改善し、ステロイド外用薬 の使用量は減少した。かゆみも著明に減少し、夜はよく眠れるようになった。その後、漢方薬によると考えられる胃腸障害が生じた ため、他の漢方薬に変更した。変更後、皮疹が悪化傾向を示したため、最初の漢方薬にもどした。以後は、漢方薬3剤(必要に応 じて量を加減)、抗アレルギー薬1剤、ステロイド外用薬で、良好な状態が維持されている。



この患者さんは、市外より通院されています。当院では、慢性の病気の場合は2週間に1回の受診を原則としておりますので、 遠方の方でも比較的無理なく通院可能です。また、医療費をできるだけ安くするため、不必要な処置(薬をぬったり、光をあて たりなど)、不必要な注射は原則的に行わない方針です。

当院では、難治性の皮膚疾患を治療する場合には、しばしば2〜3種類の漢方薬を組み合わせて使用しています。 その場合には、症状ごとに方剤を単純に加算していくといった安易な処方を行っているわけではありません。 (注 方剤:複数の生薬より構成され、葛根湯などといった名称がついている)。合方する時は、方剤に含まれる 生薬がどのように重なっているかをチェックする必要があります。さらに厳密に検討するには、寒熱バランス(生薬には、 温める生薬と冷やす生薬がある)、水分バランス(生薬には、余分な水分を排出する作用のある生薬と、不足した水分を補う 作用のある生薬がある)、生薬の基本的性質のバランス(補気薬,補血薬,清熱薬など)を調べる必要があります。 これらのことを検討せずに方剤を組み合わせて処方することは、山勘で処方しているのとたいしてかわらず、科学的な治療とは 言えません。当院では、これらの生薬のバランスを独自開発の中医学分析ソフトを用いて検討し、科学的な漢方治療をすることを こころがけています。


初診時の写真

全身が真赤であり、強いかゆみを伴っていた。ステロイド外用薬はランクStrongestの最も強いものを 使用していたが、皮疹は改善しなかった。



3週間後の写真

体幹部の皮疹は著明に改善した。漢方薬3剤、抗アレルギー薬1剤で、良好な状態が維持されている。 ステロイド外用薬の使用量も減少した。




[BACK]