All Rights Reserved, Copyright(C) 2000.11 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


漢方薬がよく効いた症例2(アトピー性皮膚炎、手足の皮疹、写真付)


 アトピー性皮膚炎では、その経過中に手足の皮疹が著明に悪化することが時にあります。特に、滲出液が多く皮疹が じくじくする場合は、一般にその治療が困難です。じくじくした状態が悪化すると、痛みを伴うようになり、日常生活 に支障をきたすようになる場合もあります。じくじくした皮疹は、一見して子供のとびひのように見えますが、抗生物質の内服 は必ずしも効きません。ステロイドの内服は有効なことが多いですが、長期内服は副作用の点から問題があります。 今回は、このような手足の皮疹に対して漢方薬が著効したアトピー性皮膚炎の症例をご紹介します。

 
症例 45才 男性  アトピー性皮膚炎

 15年前より全身にかゆみを伴う皮疹が生じるようになり、症状は一進一退を繰り返していた。2年前より皮疹は徐々に 悪化してきた。近医で、抗アレルギー薬、ステロイド外用薬で治療をうけたが、あまり改善しなかった。手足の皮疹は特に ひどく、ランクStrongestの最も強いステロイド外用薬を使用してもその皮疹は改善しなかった。足の皮疹は歩行時に痛みを 伴ったため、日常生活にも若干支障をきたした。平成12月6月当院を受診した。手足の皮疹は滲出液が多く、じくじくした 状態であった。滲出液のため靴下は汚染されていた。顔面、体幹部に軽度の落屑性紅斑を認めた。漢方薬2剤、ステロイド外用薬 (ランク VeryStrong)、テラジアパスタ(抗生物質含有軟膏)で治療を開始した。抗生物質の内服は使用しなかった。皮疹は 徐々に改善し、手足の滲出液は6週間後には全くでなくなった。顔面、体幹部の皮疹もほぼ消退した。以後は、漢方薬2剤、 手足のみに少量のステロイド外用薬で良好な状態が維持されている。



この患者さんは、市外より通院されています。当院では、慢性の病気の場合は2週間に1回の受診を原則としておりますので、 遠方の方でも比較的無理なく通院可能です。また、医療費をできるだけ安くするため、不必要な処置(薬をぬったり、光をあて たりなど)、不必要な注射は原則的に行わない方針です。



初診時の足の写真

滲出液が多く、じくじくした状態であった。滲出液により靴下は汚染されていた。 びらんに伴う歩行時の痛みのため、日常生活にも支障をきたしていた。 ステロイド外用薬はランクStrongestの最も強いものを使用していたが、皮疹は改善しなかった。



初診時の手の写真

滲出液が多く、じくじくした状態であった。びらん・ひびわれによる痛みを伴っていた。 ステロイド外用薬はランクStrongestの最も強いものを使用していたが、皮疹は改善しなかった。



6週間後の足の写真

滲出液は全くでなくなり、軽度の落屑が付着する程度となった。



6週間後の手の写真

ほぼ皮疹は消失した。




[BACK]