All Rights Reserved, Copyright(C) 2000.11 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


漢方薬がよく効いた症例3(手湿疹、写真付)


 手は湿疹のできやすい部位の一つです。主婦の場合は、炊事洗濯などの水仕事が多いため、男性に比べて手に湿疹が 生じやすいと言えます。湿疹の場合、原因・悪化因子がはっきりしている時は、それを回避するのが原則です。しかし、 主婦の場合は水仕事を全くしないというのは現実的には無理な話ではあります。ステロイド外用薬は多くの場合有効ですが、 長期にわたって使用すると、その副作用のため手の皮がうすくなってきます。「漢方薬を用いて、手湿疹を治してほしい」と 患者さんの方から要望がでることが時にあります。私自身は、手に限局した湿疹に対しては積極的には漢方薬を使用しないという 方針をとってきました。なぜかと言うと、「体の一部に限局して生じる手湿疹よりも、アトピー性皮膚炎のように全身に皮疹が 生じる湿疹の方が漢方薬が有効なことが多い」と感じていたからです。また、「局所的因子が発症に深くかかわる 手湿疹より、その人の体質に深くかかわって発症するアトピー性皮膚炎の方が漢方薬が有効なはずである」とも考えていました。 なぜならば、漢方薬の神髄は、「その人の体質を改善することにより病気を治す」ことにあるからです。しかし、最近は少し考え 方がかわり、手湿疹に対しても時々漢方薬を使用するようになってきました。今回は、漢方薬がよく効いた手湿疹の症例を御紹介 したいと思います。

 
症例 55才 女性  手湿疹

 数年前より、手に湿疹が生じるようになった。近医で外用薬(ステロイド、ランク不明)で治療を受けたが、症状は 一進一退を繰り返した。平成12年6月当院を受診した。漢方薬2剤、ステロイド外用薬(ランクStrong、亜鉛華軟膏で2倍希釈) で治療を開始した。皮疹は徐々に改善した。4週間後に皮疹は一部落屑を残して著明に改善した。以後は、漢方薬2剤、少量の ステロイド外用薬(2か月間で10g程度)で良好な状態が維持されている。




初診時の写真

落屑、紅斑、小水疱が認められ、かゆみを伴っていた。ステロイド外用薬は、一時的に効くのみで、皮疹はよくなったり悪く なったりを繰り返した。



4週間後の写真

一部落屑を残して著明に改善した。




[BACK]