All Rights Reserved, Copyright(C) 2000.12 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


漢方薬がよく効いた症例5(アトピー性皮膚炎、眼囲の皮疹、写真付)


 アトピー性皮膚炎では、目のまわりの皮疹が悪化することが時にあります。そのような状態を放置 すると、網膜剥離・白内障などの目の合併症の発症リスクが高まってきますので、積極的に治療することが大切です。 一方、目の周囲の皮膚はデリケートなため、ステロイド外用薬の副作用が生じやすく、強めのステロイドは使用しにくい のが現実です。その結果として、抗アレルギー薬内服と弱めのステロイド外用薬で、ダラダラと治療を続けることに なってしまうことが時々あります。私自身は、このようなケースでは漢方薬を積極的に使用することにしています。 今回は、眼囲の皮疹が悪化したアトピー性皮膚炎に漢方薬がよく効いた症例を御紹介したいと思います。

 
症例 14才 女性  アトピー性皮膚炎

 約2年前より顔面(特に眼囲)、頚部、上肢などに、かゆみを伴う皮疹が生じた。近医で、内服・外用による治療を 受けたが、あまり改善しなかった。平成12年6月、当院を受診した。眼囲に落屑性紅斑を認めた。漢方薬2剤、 ステロイド外用薬(ランク 顔面:week、上肢:strong)で治療を開始した。 皮疹は徐々に改善し、2週間後に受診した時には、眼囲の皮疹はほぼ消失していた。以後は、眼囲には全く外用薬は 使用せず、漢方薬のみで治療を続けているが、良好な状態が維持されている。



当院では、難治性の皮膚疾患を治療する場合には、しばしば2〜3種類の漢方薬を組み合わせて使用しています。 その場合には、症状ごとに方剤を単純に加算していくといった安易な処方を行っているわけではありません。 (注 方剤:複数の生薬より構成され、葛根湯などといった名称がついている)。合方する時は、方剤に含まれる 生薬がどのように重なっているかをチェックする必要があります。さらに厳密に検討するには、寒熱バランス(生薬には、 温める生薬と冷やす生薬がある)、水分バランス(生薬には、余分な水分を排出する作用のある生薬と、不足した水分を補う 作用のある生薬がある)、生薬の基本的性質のバランス(補気薬,補血薬,清熱薬など)を調べる必要があります。 これらのことを検討せずに方剤を組み合わせて処方することは、山勘で処方しているのとたいしてかわらず、科学的な治療とは 言えません。当院では、これらの生薬のバランスを独自開発の中医学分析ソフトを用いて検討し、科学的な漢方治療をすることを こころがけています。



初診時の写真

目の周囲に、落屑を伴う紅斑を認めた。近医の治療では改善しなかった。



8週間後の写真

ぬり薬は全く使用せず、漢方薬のみで治療を続けているが、良好な状態が維持されている。 通院は2週間に1回のペース。




[BACK]