All Rights Reserved, Copyright(C) 2001.2 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


漢方薬がよく効いた症例6(アトピー性皮膚炎、ネコによる悪化、写真付)


 アトピー性皮膚炎は、ダニ,カビ,動物のフケ,化学物質などの様々な環境アレルゲンとの接触により、 その症状が悪化します。近年はペットを飼う人が増加する傾向にあり、ネコやイヌなどの動物が、アトピー性皮膚炎の 悪化要因として無視できない存在となってきています。今回は、漢方治療の経過中に、ネコとの接触により顔面の皮疹 が急速に悪化した症例を御紹介したいと思います。

 
症例 22才 男性  アトピー性皮膚炎

  平成10年6月頃より、アトピー性皮膚炎が徐々に悪化してきた。平成10年8月、当院を受診した。 顔面,体幹,四肢に落屑を伴う紅斑を認めた。抗アレルギー薬1剤,ステロイド外用薬(ランク 顔面:week、体:VeryStrong) で治療を開始した。症状は一進一退を繰り返したため、平成10年12月より、漢方薬2剤を追加した。皮疹は徐々に改善し、 ステロイド外用薬の使用量は減少した。

  平成12年6月までは、皮疹は軽快した状態を維持していた。平成12年7月より上眼瞼に滲出液を伴う紅斑が生じるように なった。生活環境の変化について確認したところ、転職のため実家にもどったとのことであった。実家ではネコを飼っており、 そのネコに近づくと、くしゃみ・鼻水が生じた。ネコがアトピー性皮膚炎の悪化因子となっていることが推察された。 急性憎悪期には、セレスタミン(ステロイドを含有するのみ薬)を3〜5日間投与することにより、さらなる悪化を防止した。 11月に職場が決まり、ネコとの接触が完全にたたれるようになると、皮疹は再び軽快し、ステロイドの使用量も再び減少した。 以後は、ステロイド内服によるリバウンドなどは全くなく、漢方薬2剤と抗アレルギー薬1剤で安定した状態が維持されている。




平成12年7月の写真

上眼瞼に、滲出液を伴う紅斑を認めた。強いかゆみを伴った。

注)皮疹は、子供の「とびひ」に似ていますが、病態は全く異なり、抗生物質の投与では 改善しません。



平成12年11月下旬の写真

ネコとの接触を完全にたつことにより、皮疹は改善した。 漢方などの内服薬の変更はしていない。また、顔面の外用薬の主体は、白色ワセリンとなっている。



 
この症例より得た教訓

・漢方薬を内服して体質改善をしていたとしても、強い悪化因子が加わると、症状は悪化してしまう。 ネコなどの回避可能なアレルゲンの場合は、漢方薬などの薬剤の変更を考える前に、悪化因子の回避をまず検討 すべきである。

・ステロイドの内服(のみ薬)の副作用を極端に恐れる人がよくいるが、「急性憎悪期に短期間のみ使用する」という治療方針 をきちんと守れば、リバウンドなどの副作用の心配はなく、治療上大変有効である。





[BACK]