All Rights Reserved, Copyright(C) 2005.5 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


小児の全頭脱毛症の漢方治療(すべて保険適用)


 全頭脱毛症は、治療が最も難しい皮膚病のひとつです。皮膚科の教科書に記載されている治療法を行っても、なかなか症状は改善して こないのが現実です。全頭脱毛症は小児にも発症します。小児の全頭脱毛症に対して、ステロイド内服(のみ薬)を積極的に使用する皮 膚科医がいます。ステロイド内服は、ステロイド外用薬(ぬり薬)と異なり内臓の副作用が生じる可能性があります。また、小児の場合 は成長障害の不作用が問題となる場合もあります。ステロイドを内服すると、髪の毛は一時的に増加しますが、中止するとぬけてしまう 場合が多いようです。従って、小児の全頭脱毛症にステロイドの内服を使用することについては、私は反対の立場です。

 当院では、小児の全頭脱毛症に対しては漢方薬を用いて治療しています。漢方が必ず有効というわけではありませんが、著効する場合 があるのは事実です。ただし、その場合でも、髪の毛は徐々にしかはえてきませんので、治療には数か月〜3年と長い年月を必要としま す。全頭脱毛症の状態で放置しておくと、もともと治りにくい脱毛がさらに治りにくくなります。早期の治療が大切です。当院では、 愛知県外(場合によっては名古屋市外)の患者さんの場合には、漢方薬の3〜6週間投与を行っています。定期的に行う処置、注射などは なく、受診は3〜6週間に1回です。なお、治療はすべて保険適用で、自費治療はありません。

漢方薬が有効であった小児の全頭脱毛症の症例を1例御紹介します。

 
症例 7才 男性  全頭脱毛症

 平成15年10月頃より、脱毛が生じるようになり、徐々にその範囲が拡大し全頭脱毛となった。他の皮膚科でセファランチン内服あるいは 漢方などで治療をうけたが脱毛は改善しなかった。平成16年5月当院受診した。漢方による治療を開始した。 治療開始1か月後の時点で、頭部に白いうぶ毛の増加が認められた。まゆ毛の増加も認められた。4か月後には、前頭部の黒い毛の増加が認められた。 その後、順調に髪の毛は増加した。




初診時の写真

全頭部にわたりほぼ完全な脱毛が認められた。



6か月後の写真

頭頂部から前頭部にかけて、髪の毛は、はえてきた。
治療は、漢方のみで、外用薬の使用や処置は全く行っていない。



10か月後の写真

順調に髪の毛は、増加している。漢方治療は継続中。



13か月後の写真

髪の毛は、ほぼ正常にもどりつつある。漢方治療は継続中。







[BACK]