All Rights Reserved, Copyright(C) 2010.5 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


小児の全頭脱毛症では、できるだけ早く治療を開始してください(漢方は最長2か月間投与、すべて保険適用)


 関東や関西からの全頭脱毛症の受診者が増加してきたため、漢方薬の投与期間を最長2か月間としました。 関東で2か月、関西で1か月半をめどに、漢方薬を処方しています。 すべて保険適用で、自費治療はありません。 処置、注射、外用薬の使用は原則的に使用せず、漢方薬のみで治療を行っています。

 ただし、漢方薬を用いても、すべての全頭脱毛症が治るわけではありません。残念ながら、漢方薬の効き方には個人差があります。 しかし、西洋医学的治療で改善傾向が認められない場合は、漢方薬による治療を試してみる価値は十分にある、と考えられます。

 1〜2歳の全頭脱毛症の場合、まだ小さいから、しばらく様子をみよう、と考える人が時々います。 治療せずに様子をみると、毛根が廃用性萎縮をきたす危険があります。 つまり、毛根は毛を作り続けていないと、徐々にその機能が低下し、やがては毛を作る機能を失ってしまうわけです。 筋肉は使い続けていないと、徐々に筋力が低下していくのと同じ理屈です。 この病気の場合、発症後できるだけ早く、治療を開始することが大切であると、私は考えます。


今回は、漢方薬が有効であった全頭脱毛症の6例を御紹介します。

 
症例1 3歳 男性  全頭脱毛症

 8か月前より、脱毛が生じるようになった。発病1か月後には、ほぼ全頭脱毛症の状態となった。市民病院の皮膚科で治療をうけたが、改善しなかった。 当院受診し、漢方治療を開始した。治療開始後、2か月後の時点で、うぶ毛や黒い毛の増加が認められた。その後順調に改善し、1年後には発病前の状態に戻った。




初診時の写真

全頭部にわたり脱毛が認められた。



4か月後の写真

不完全なはえ方ではあるが、順調に髪の毛は、はえてきた。



6か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきた。



8か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。



12か月後の写真

ほぼもとの状態にもどった。





 
症例2 1歳3か月 女性  全頭脱毛症

 4か月前より、脱毛が始まった。近医で治療を受けたが、改善しなかった。当院受診し、漢方治療を開始した。 受診時は、黒い毛はすべて抜けおちており、白いうぶ毛のみを認めた。治療開始後、4か月間はあまり改善を認めなかった。 6か月後、睫毛と眉毛の増加を認めた。10か月後、頭頂部から後頭部にかけて黒い毛の増加を認めた。 その後、徐々に改善し、1年5か月後には、ほぼ正常な状態となった。




治療開始10か月後の写真

うぶ毛や黒い毛の増加を認めた。



1年2か月後の写真

順調に黒い毛は増加した。



1年5か月後の写真

ほぼ健常時に戻った。





 
症例3 5歳 女性  全頭脱毛症

 4か月前より、脱毛が始まった。当院受診時には、黒い毛は全頭部にわたり、ほぼ抜けていた。 漢方治療を開始した。 治療開始後、2か月後、頭頂部に黒い毛の若干の増加を認めた。 5か月後、頭頂部から後頭部にかけて、さらに黒い毛の増加してきた。 その後、徐々に改善し、1年1か月後には、ほぼ健常時に戻った。




初診時の写真

全頭部に脱毛を認めた。



治療開始5か月後の写真

頭頂部より後頭部にかけて黒い毛の増加を認めた。



6か月後の写真

順調に髪の毛は増加した。



9か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。



1年1か月後の写真

ほぼ健常時に戻った。





 
症例4 5歳 女性  全頭脱毛症

 9か月前より、脱毛が始まった。発病10日後には全頭脱毛症の状態となった。大学付属病院皮膚科で治療を受けたが、改善しなかった。 当院受診時には、うぶ毛のみを認めた。漢方治療を開始した。治療開始3か月後、改善傾向は認められず、むしろうぶ毛の減少を認めた。 漢方薬は変更した。4か月後、頭頂部に黒い毛の増加を認めた。その後、脱毛は徐々に改善した。 10か月後、後頭部に新しい脱毛斑を認めた。1年6か月後、後頭部の脱毛斑は消失した。




初診時の写真

全頭部にわたり脱毛が認められた。頭皮には、うぶ毛のみを認めた。



治療開始7か月後の写真

一部に黒い毛の増加を認めた。



9か月後の写真

順調に髪の毛は、増加してきた。



1年4か月後の写真

もとの状態にもどりつつある。





 
症例5 4歳 男性  全頭脱毛症

 10か月前より、脱毛が始まった。治癒と再発を繰り返した。 当院受診時には、数cmの脱毛斑が多発していた。漢方治療を開始した。 治療に反応せず、脱毛は徐々に悪化した。治療開始2か月後には、全頭脱毛症に近い状態となった。 漢方治療は続行した。4か月後、さらに悪化した。7か月後、黒い毛の増加を認めた。 その後、徐々に改善した。 1年3か月後、後頭部の新しい脱毛斑を認めた。現在、継続治療中。




初診時の写真

数cmの脱毛斑が多発していた。



治療開始2か月後の写真

脱毛は、初診時より進行した。



4か月後の写真

脱毛は、さらに悪化した。



7か月後の写真

うぶ毛や黒い毛の増加を認めた。



12か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。



1年10か月後の写真

ほぼ健常時にもどった。一部にまだ脱毛斑を認めるため、治療は続行している。





 
症例6 19歳 男性  全頭脱毛症

 5か月前より、脱毛が始まった。徐々に悪化し、発病3か月後には、全頭脱毛症の状態となった。 当院受診し、漢方治療を開始した。 治療開始6か月後、前頭部に白い毛〜うぶ毛の増加を認めた。 8か月後、一部に黒い毛の増加を認めた。その後、徐々に改善した。




初診時の写真

全頭部に脱毛を認めた。



治療開始3か月後の写真

脱毛は少し進行した。



10か月後の写真

一部に黒い毛の増加を認めた。



1年3か月後の写真

順調に髪の毛は増加してきた。



1年9か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。



2年3か月後の写真

ほぼ、もとの状態に戻った。





[BACK]