All Rights Reserved, Copyright(C) 2020.09 by Yasusi Suzumura


乳児アトピー性皮膚炎と卵アレルギー(症例写真あり)

 30数年前に、初めて出席したアレルギー学会で、強く印象に残る発表がありました。 その発表では、顔面の皮疹が悪化した乳児アトピー性皮膚炎(生後3〜4か月)を、 ステロイド外用薬を使用した群と使用しない群に分け、経過観察したというものでした。 結果としては、生後12か月の時点で、両群とも顔面の皮疹は、ほぼ消失し、差はありませんでした。

 卵アレルギーがありますと、生後3〜4か月頃より、顔面の皮疹が悪化してきます。 皮疹としては、滲出液が多く、じくじくした皮疹が特徴的です。 皮疹が乾燥している場合は、卵アレルギーではない場合もあります。 卵アレルギーの有無は、スクラッチテストで調べることができます。 生後3〜4か月の時期では、アレルギーの検査としては、血液検査(特異的IgE抗体)よりもスクラッチテストの 方が信頼性が高いとされています。

 以前に、アレルギーの解説で述べたように、生まれた時から卵アレルギーということは、通常はありません。


以下略




続きは、皮膚病データベース ユニバーサル版 でご覧ください。

アプリをインストールして起動後、【ヘルプ】ボタンをクリック → 【解説一覧】ボタンをクリック
あるいは、「乳児アトピー 解説」と入力して、【検索】ボタンをクリック にて全文を読むことができます。