All Rights Reserved, Copyright(C) 2003.5 by Yasusi Suzumura
(野並皮膚科)


全頭脱毛症の治療では、漢方薬の3週間投与(すべて保険適用)を開始


 全頭脱毛症は、治療が最も難しい皮膚病のひとつです。皮膚科の教科書に記載されている治療法を行っても、なかなか 症状は改善してこないのが現実です。しかし、全頭脱毛症は治療が不可能な病気ではありません。 漢方薬を用いて、うまく治療すれば治る場合もあります。ただし、その場合でも、髪の毛は徐々にしかはえてきませんので、 治療には数か月〜3年と長い年月を必要とします。従って、当院では、愛知県外(場合によっては名古屋市外)の患者さん の場合にかぎり、漢方薬の3週間投与を開始しました。なお、治療はすべて保険適用で、自費治療はありません。

注意1)漢方薬を用いても、すべての全頭脱毛症が治るわけではありません。残念ながら、漢方薬の効き方には個人差が あります。しかし、漫然と西洋医学的治療を続けているよりは、漢方薬を用いた治療の方が数段ましであると、私は考えて います。

注意2)脱毛症以外の皮膚病の治療では、県外の患者さんでも、漢方薬の3週間投与をしているわけではありません。 アトピー性皮膚炎などは、脱毛症に比べて症状の変化が大きいため、症状が安定するまでは2週間投与が原則です。

注意3)脱毛症の治療でも、漢方薬の初回投与時は、2週間投与です。

注意4)西洋医学の治療では、全頭脱毛症の治療にステロイドの内服薬を使用する場合があります。 この治療法は確かに有効なのですが、治療中止後に再発しやすい、またステロイドの長期間の内服による副作用の問題などより、 一般的な治療とは言えません。


今回は、漢方薬が有効であった全頭脱毛症の2例を御紹介します。

 
症例 18才 女性  全頭脱毛症

 平成13年夏頃より、脱毛が生じるようになり、徐々にその範囲が拡大してきた。総合病院の皮膚科で4か月間ほど治療を うけたが、改善しなかった。平成14年1月、当院受診した。漢方薬による治療を開始した。治療開始後、約2か月間は 改善傾向は認められなかった。同年3月頃より、脱毛の進行はとまり、徐々に髪の毛は、はえてきた。




治療開始2か月後の写真

全頭部にわたり脱毛が認められた。この時点では、漢方薬の効果は、まだ認められなかった。



6か月後の写真

不完全なはえ方ではあるが、順調に髪の毛は、はえてきた。



10か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。





 
症例 31才 男性  全頭脱毛症

 平成13年8月より、主に頭頂部より脱毛が始まった。同年9月、当院受診した。初診時は限局した脱毛であったため、 西洋医学的治療(セファランチン+グリチロン内服、フロジン液外用)で治療を開始した。脱毛は治療に反応せず進行 したため、2週間後には漢方薬による治療にきりかえた。その後も脱毛の範囲は徐々に拡大し、全頭部に及ぶようになった。 漢方薬の治療は続行した。同年12月頃、脱毛の進行はとまり、その後は髪の毛は徐々に増加した。




初診時の写真

頭頂部に限局した脱毛を認めた。西洋医学的治療では改善しないため、漢方治療にきりかえた。



治療開始2か月後の写真

脱毛は全頭部におよんだ。この時点では、漢方薬の治療効果は、まだ認められなかった。



4か月後の写真

不完全なはえ方ではあるが、順調に髪の毛は、はえてきた。



8か月後の写真

順調に髪の毛は、はえてきており、もとの状態にもどりつつある。




[BACK]   [小児の全頭脱毛症1]   [小児の全頭脱毛症2]